破壊くんブログ

破壊こういちくんファンクラブ限定コンテンツ

6月11日ー喫煙者についてー

こんばんは。

 

たまには「こんにちは」から書き始めたいね。

 

今日はひとつ大きな出来事があったのに、残念ながらここには書けない話。

可愛い女の子といっぱい話せたのでいい日ではあった。

 

……結構考えたけど、今日マジで書くことが思いつかない。

 

とりあえず最悪な内容だけど、今日会った喫煙者に対する文句言っていい?

言うね。

最後まで読まない人もいるかもしれないからここで先に言っておくけど、俺は別に喫煙者や喫煙行為そのものが嫌いなわけではないです。

 

 

ご存知の通り僕はタバコを吸いません。吸っていたこともないです。

一回だけ、最悪な出来事があった時の帰り道に、深夜のコンビニでタバコとライターを買って吸ったことがあります。

でもその時のタバコを吸ってる自分が想像よりカッコよくなかったので、それ以降タバコを吸うことはありませんでした。

この「カッコよくなかった」というのがタバコを吸わない一番大きな理由ですが、それ以外にも吸わない理由があります。

値段、臭い、喫煙者が多いコミュニティに属してない(喫煙者の影響を受ける環境がない)、僕ら子供のためにタバコを辞めた父の存在、など。

この中では"臭い"もタバコを吸わない大きな理由です。

喫煙者と飲んだ後、帰宅して服の臭いを嗅ぐと少し悲しくなります。

でもこれに関して喫煙者には一切非がありません。

だいたいの喫煙者は「吸っていい?」と一言かけるし、僕もそれにはイエスと答えるので。

臭いが嫌なのになぜイエスと答えるのか?という疑問が湧きます。

その疑問の答えは、「ノーと答えて相手がタバコを吸わなくなると、僕だけがわがままを通した結果になるから」です。

「タバコの臭いで飯や酒が不味くなる」とまでは思ってないし、あくまで僕が服に付く臭いを我慢すれば済む話です。

ここまで長々と書きましたが、要するに僕は喫煙者やタバコが生理的に嫌いなわけではなく、ただ服に付く臭いだけが嫌い、ということです。

 

ここからが本題。

タバコといえば、健康問題が付いて回りますよね。

でもそれって僕にとってはどうでもいいんです。

確かに相手が吸ってる時は受動喫煙してるけど、その頻度が多いわけでもないしその点は全く気にしてないです。

相手に至ってはそもそも家族でもないのに僕が健康や寿命の心配なんてするわけがない。

なのに喫煙者の人はよく健康の話しますね。

でもそれ自体も別に問題ないです。

 

でも今日は一緒に飲んでた喫煙者に健康の話されてすごくイラっと来ました。

「タバコよりお酒の方が全然害あるらしいよw」って言われました。

その場では適当に相槌打っておいて、なんでイラついたのかを後から考えてみました。

理由はおそらく、僕がある程度嗜み、なおかつその場で飲んでいるお酒を喫煙者に否定されたからだと思います。

なーーーーーーんでタバコ吸って俺の服に臭い付けてるタコ野郎に健康アドバイス頂戴しなきゃなんねえんだよ。

ぶっ殺すぞ?

 

これ初対面の人に言われたんだけど、ちょっと話しただけで俺の嫌いなタイプの人間なのが分かった相手にこれを言われたからこそクッソムカついたんだと思う。

他の人だったら多分一ミリもムカついてない。

なんなら俺はアルコールの害については元々否定的スタンスだしな。

(ここで俺の過去ツイートを引用したかったけど鍵アカなのでできない)

 

冒頭でも言ったけど、俺が嫌いなのは喫煙者や喫煙行為ではなく、"今日遭遇したアホな喫煙者君""服に付くタバコの臭い"なのでね。

そこだけ覚えておいてください。

別に俺の前でタバコ吸うことになんの問題もないし、今日はぐちゃぐちゃ書いたけど、普段はほとんど気にしてないです。

服に付いた臭いとかもあとでどうとでもなるし。

 

 

なんか久々にブログっぽい記事書けたけど、読む人によっては不快だったかもしれないです。

もしそうだったらごめんなさい。

 

 

 

こういち